賃貸住宅の入居審査で、連帯保証人は不要に ?>

賃貸住宅の入居審査で、連帯保証人は不要に

賃貸物件に連帯保証人が必須だった時代

ひと昔前まで、賃貸住宅を借りる際には必ずといっていいほど親族の連帯保証が求められました。用意できない人は、その賃貸住宅を諦めるしかありませんでした。安定した収入があっても、本人の資質だけではどうにもならなかったんですね。そういう人は、連帯保証人がなくてもよしとする数少ない、人気のない物件を借りることになっていました。賃貸に住むというのは、結構ハードルが高いものだったんです。だから引越しもそうそう自由にはできない面がありました。

借り手が少なくなったから

賃貸派が増えてきていますから、まだまだ賃貸物件への需要はありますが、人口が減少に転じた昨今、以前のように右肩上がりに需要が増えることは期待できなくなりました。賃貸住宅の空きも結構目立つようになってきています。貸し手側は以前のように、保証人のいない借り手をはねつけるわけにもいかなくなりました。空き室を埋めるのに努力しなくてはならなくなってきたようで、礼金ゼロの物件や、仲介手数料を取らないとするケースも増えてきています。

家賃保証会社のほうが望まれる

今や、家賃保証会社の利用を必須とする物件も現れ、その数は増えてきています。ってことは、連帯保証人よりも家賃保証会社の保証のほうが安心ってことですよね。そりゃあそうでしょう。個人の保証じゃ本来はこころもとないはず。家賃保証会社って昔はなかったけれど、近ごろは増えてきました。家賃を十分支払えるけど、連帯保証人をたてられないという人がいっぱいいたってことですよね。会社の数が増えているのは、保証をつけても損害がないケースが多いってことでしょう。

収納スペースがどれくらいあるかは、賃貸物件を借りる上でたいへん重要なことです。自分の衣類の量を考慮して選ぶようにします。


Comments are closed.