契約更新料ってなんのために支払うのかという疑問 ?>

契約更新料ってなんのために支払うのかという疑問

契約更新して間もないのに取り壊し?

全国的におこなわれているわけではないにせよ、賃貸住宅に住んでいる場合、2年ごとくらいに契約更新料の支払いがあることって多いですよね。ところが、契約を更新してまた次の2年間にこの家賃で契約、という書類が来ても、家賃がその間変わらないってことは保証されますが、それ以外は何が保証されるわけでもないんですよね。契約更新して間もなく、取り壊してマンションにするから、などという理由で退去を迫られることなんて日常茶飯事です。

契約期間内でも引越せるし退去も要求できる

契約期間内でも借り手は解約予告期間分の家賃を支払いさえすれば、いつでも引越せます。だから、家主側でも退去が要求できるというわけでしょうか。でも契約更新料を支払っているのは借り手側ですから、釈然としません。人口減少時代を迎えて、家賃の値下がりが始まった現在では、家賃が値上がりしないという保証は別に必要なものでもなくなりました。なおさら、契約更新料を支払っても何の保証もされない、という気持ちは強くなります。

契約更新料なしの物件も

契約更新料に納得がいかなくて、裁判になっているケースも実はいっぱいあったんですね。でもなかなかそこまで踏み切れないという人は多いでしょう。幸い、需給バランスの変化で、借り手側は賃貸物件を選べる立場になってきつつあります。契約更新料でもめたり、理不尽と思いつつも支払うことを避けたかったら、契約更新料なしをうたっている物件を選ぶこともできます。そうした物件が人気となれば、次第に契約更新料は当たり前のものでなくなってくるかもしれません。

札幌の賃貸マンションは、強度があり、地震に強い設計をされています。ですので、地震に強い賃貸マンションを探している人に最適です。


Comments are closed.