古いマンションを売却する時のリノベーションの有効性 ?>

古いマンションを売却する時のリノベーションの有効性

リノベーションのメリットは流行の部屋に変身できること

マンションを売却する場合、築年数が古いとなかなか売れない場合があります。そのような時にリフォームやリノベーションをして売り出すという方法があります。リノベーションというのはリフォームよりも本格的に部屋を改造することです。例えば間取りの壁を取り除いて大空間にしたりといった大きな変更です。このようなリノベーションマンションのメリットは、築年数が古くても最新流行の間取りや部屋づくりができるので客受けがすることです。

自分でリノベーションしたい人が増えている

例えば2000万円が相場のマンションを、200万円でリノベーションして2200万円で売りに出すとします。これによって売れる場合もありますし、売れない場合もあります。売れなかった場合は200万円かけてリノベーションした意味がなくなります。というより損失になってしまいます。そのため不動産会社と事前によく相談をすべきです。お客によっては古いマンションを購入して自分好みのリノベーションをしたい人もいるからです。

リノベーション可能な物件として売り出すメリット

本格的にリノベーションすることによってお客がつくこともあれば、逆に避けられる場合もあります。どちらを選ぶかはオーナーの判断になりますが、お金をかけて売れないリスクを考えた時にそのまま売り出した方が可能性は広がります。例えば広告でリノベーション可能な物件として売り出せばいいのです。自分でリノベーションしようと思っているお客の目を惹きますし、可能性のあるマンションということで他の客の注目も浴びることができます。

マンションの売却は手続きに時間がかかることが多いので、不動産の資産価値の変動を見越して速やかに行うことが損をしないための重要な心得です。


Comments are closed.